【会社の飲み会でも♪合コンでも♪】男性と盛り上がる“さしすせそ”の法則!!

ビールで乾杯

年末年始は、忘年会や新年会など特に飲み会が多くなる季節です!男性とお話しする機会もいつもより増えるのではないでしょうか?この記事では、飲み会で男性との話を盛り上げ、貴女の印象もアップさせるための“さしすせそ”の法則をご紹介します。マスターして貴女も今日からモテ女!間違いなし!

★★男性を喜ばせる『さしすせそ』の法則★★
さしすせその法則は、男性との会話を盛り上げるためのフレーズです。

「さ」・・・さすがですね!
男性が仕事や趣味について熱く語り出したら、「さすがですね!」と一言を。
特に仕事や功績、若いころの「俺ってすごいんだぞ!」なんて話が出たら、すかさず「さすがですね!」と褒めてあげてください。
男性は褒められる事で自尊心が満たされて、気分が良くなります。
しっかり目を見て心から尊敬していますという表情をする事もお忘れなく!

「し」・・・知らなかった!
男性がうんちくや小ネタを語りだしたら、迷わずに「知らなかった~!」
これをいうと男性は嬉しくなって、さらに話しをしてくれるはずです。
そして男性のその知識を認めるのと同時に無知な自分の可愛さアピールにもつながり一石二鳥です。

「す」・・・すごい!
仕事で活躍した話などを始めたら「すごい!」と一言。
男性が褒めて欲しそうな話には、共感し称賛しましょう。たとえお世辞だと分かっていても褒められれば誰でも嬉しいものです。

「せ」・・・センスいいですね!
相手を褒める時は、努力した結果を褒めることが多いですが、さらにプラスして褒めてもらいたいポイントが、「持って生まれたもの」であるセンスです。食事、服、運転、運動、趣味など相手に合わせて使ってみましょう。褒める時は、外側に身につけている物だけではなく、内側の心にあるセンスを褒めるのがコツです!

「そ」・・・そうなんですか~。
相手を褒める言葉に尽きたり、返事に困ったら、相づちに使ってみましょう。 肯定も否定もしていないのに相手に受け入れられたような気にさせる便利な言葉です。

 

★おまけ★
男性の前では出来るだけ使ってはいけないワード「たちつてと」の法則
「た」=大したことないですね。
「ち」=違いますよ、それ。
「つ」=つまらない
「て」=適当でいいです。
「と」=とんでもない

 

「さしすせそ」「たちつてと」の法則で、楽しい年末年始をお過ごしください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る