輝く女性のためのビジネスマナー★新社会人としての心構え編★

輝く女性のためのビジネスマナー★新社会人としての心構え編★

皆さん、こんにちは!

毎回大好評をいただいております、本シリーズの第4回目になります。

今回は新社会人としての心構えについてです。

春は新しい出会いの季節!今年から社会人デビューする方も、新入社員を受け入れる方も、もう一度新入社員としての心構えを確認してみましょう♪

 

■社会人としての心構え

「ビジネスマナー」のベースとなるのは、あくまで社会人としての「心構え」です。学生のうちは自分のことだけ責任を取ればよかったのですが、社会人はそうではありません。組織の代表として、その言動によっては会社や取引先などの社会的信頼や利益に大きく影響します。その可能性を強く意識することが、社会人の心構えの第一歩ということができるでしょう。

 

■社会人としての心構え(ポイント)

・社会人としての基本意識とプロ意識
・会社のルールを守る
・法律や規則を守る・・・コンプライアンスに基づいた行動
・健康管理・・・言い訳する必要のない自己管理
・公私の別をわきまえる

 

■身だしなみを整える

皆さんは、はじめて人と会って印象を決める時、どのくらいの時間をかけ、何を手がかりにしていると思いますか?
「メラビアンの法則」では、話をしている人の印象を決めるのに占める話の内容はたったの7%。50%は視覚、40%が聴覚に基づいているといわれています。つまり、視覚的な「身だしなみ」「姿勢」「表情」や、聴覚的な「声の表情」「話し方(声のトーン)」でほとんどが決まるといわれています。

しかも、第一印象が決まる時間はというと、「3秒でぱっと見」「30秒で話し方」「3分で立ち振る舞いを含めた総合印象」という短さ。さらに一度相手に不快感を持たれると、その後良好な関係を築くことは難しくなるといわれています。

 

■身だしなみのポイント

①「清潔感」
洗濯している、お風呂に入っているという単なる「清潔」ではなく、髪型からつめの先、靴や小物まで全体に端正で、手入れがきちんとされている感じが必要です。

②その場にあった身だしなみかどうか
「TPOに合った服装」という表現があるように、時と場所と目的に合わせた服装でいるかどうか。

③「機能性」
仕事に相応しい印象と形態かどうか。それぞれの職場でルールがあると思いますが、一般的にはスーツやそれに準じた「上品な」スタイルが求められます。

④体に合ったサイズを選ぶ
きちんと体に合ったサイズのものを着ていると、端正な印象になりますので、サイズが変わったら服装もチェックしてください。

⑤派手すぎないか
いかにも「ブランド品」っというものは避けた方が無難です。

 

この春、新社会人となる皆さんにとっては社会人の「基礎」を作る時期。一生に一度しかない大切な時期です。

では「基礎」とは、いったい何だと思いますか? 営業力、企画力、実行力、さては交渉力? いやいや、もっともっとずっと、「根っこ」にあたる大切な部分のこと。シンプルに言うならば「人との信頼関係を築いていく力」だと思います。社会で生きていく限り、人との関係をなくしては何も始まりません。お客様や取引先はもちろん、上司や同僚といった社内の人たちとも「いい関係」を築いてこそ、質が高く効率性に優れた「いい仕事」ができるといえるでしょう。

その「いい関係」を築いていくために必要なもの = 信頼されることが一番の基礎にあると思います。

何事も基礎が大事!

新入社員の方も、受け入れる側の方も、この機会にもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る