魅力アップ!!うれしい気持ちを伝えよう☆

d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_m

うれしいの気持ちを伝えよう

感謝の気持ちをきちんと伝えることが出来る人ってオフィスのみんなの人気者だったりしますよね。
実は彼女たちには気をつけているポイントがあるそうです。
今回はそのポイントをご紹介します。
あなたも参考に真似してみてっ!
今日から好感を持たれる話し方で魅力アップにつなげましょう。

「私たち」で親近感
「今日はうれしいです」と素直に第一声で。また、「私もうれしいです」「私たち一緒ですね」とい言葉も親近感をアップさせます。
感嘆句を使って
「ありがとう」の前に、「わあ!」「うれしい!」といった感動を表現する感嘆句をつけ加えると、相手も嬉しくなります。
やっぱり笑顔
笑顔が大事。笑顔をプラスしないで「うれしい」と言っても嬉しさは伝わりません。
感想はたくさん
「きれいですね」「絶品ですね」「いいお店ですね」とよい感想をたくさん言葉にすることで気持ちをリアルに表現できます。
心を込めて

心から言う。オーバーな表現を重ねるよりも、「うれしいのです」のひとことで気持ちをリアルに伝えられることも。
タイミングを見て
言うタイミングも大事。なるべく早く言うのがよいですが、ふとした会話の間に言ってみるのも効果的。
「っ」
「とても」「すごい」程度の表現に「とっても」「すっごい」と「っ」を入れると、喜びも2割増しになる。

 

持ち物などをほめられた時、こんなことに気をつかってみて!!

・「まあね」と適当に流したり、笑ってごまかしたりせずにはっきり「ありがとう」と言う。
・「こんなの安物だよ」では、謙遜したつもりでも、ほめた相手に対して失礼になる
・「いいでしょー」と延々と自慢しない。
・「センスのいいあなたにほめられてうれいいな」と相手をほめ返せばワンランク上の会話に☆

これであなたも素敵美人♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る