輝く女性のためのビジネスマナー★言葉遣い編★

輝く女性のためのビジネスマナー★言葉遣い編★

皆さんこんにちは!

前回大好評をいただいた、輝く女性のためのビジネスマナー★挨拶編★に続き、

第2回目は【言葉遣い】についてです。

自分の言葉遣いは大丈夫!??もう一度基本を確認しておきましょう♪

■基本は【敬語】の理解から

よく言われることで、皆さんも理解していると思いますが、やはり敬語の基本はこの3つ、しっかりと理解することが必要です。

敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があり、相手の立場やその場の状況に応じて使い分けます。適切な敬語は好感を持たれ、ビジネスや人間関係を円滑に進めてくれます。

●尊敬語

相手や相手の動作などに敬意を表わすときに用います。動詞の語尾に「れる」「られる」をつけたり、名詞や動詞に「お」や「ご」をつける形や、その動詞自体が尊敬を表わすものもあります。

言う・言われる・おっしゃる

来る・来られる・おいでになる

いらっしゃる・見る・ご覧になるなど。

●謙譲語

目分の動作などをへりくだった言葉で表現することで、相手に敬意を表わします。

言う・申し上げる

行く・うかがう

見る・拝見するなど。

●丁寧語

丁寧な表現で相手に敬意を表わします。動詞などに「です」「ます」「ございます」をつけて表現します。

言う・言います

ある・あります・ございますなど。

このほか、丁寧語の一部として「美化語」があります。「お飲み物」「お酒」「うまい、おいしい」といったように、きれいな表現をするときや言葉を和らげるときに用います。

■敬語の必要性

相手のことを思いながら気を配ることを、一般的に「心遣い」と言います。言葉についても「言葉遣い」と言うように、相手への配慮が不可欠なのです。
言葉というのは、直接的にその人を表現します。話の内容が正しいとしても、思いやりの心が欠けていたり、正しい言葉遣いができていなかったりすれば、社会人として一人前とは言えないと判断されるでしょう。

ビジネスシーンにおいて正しい敬語を使うことは、周囲の人との人間関係を創り上げるための基本でしょう。また、信頼感を高めるための重要なビジネスマナーであって、貴女の人格や教養を示すバロメーターでも有るのです。

■いくつわかりますか?言葉遣いチェック

正しい言葉遣いはどれでしょう(※日経PLUS1「間違えやすい敬語トップ10」より)

1.ご拝読いただきありがとうございます (商談で資料を示して)

2. ○○は本日休みをいただいております (社外からの電話に)

3. ○○様でございますね (来客に)

4. コーヒーと紅茶どちらにいたしますか (来客に)

5. お子様に差し上げて下さい (目上の人に贈り物を託して)

6. お求めやすい (接客の場で)

7. ご注意して下さい (接客・公共の場で)

8. おわかりいただけたでしょうか (商談で)

9. ご助言参考になりました (上司に対して)

10. 上司にも申し上げておきます

 

いかがですか?
これら全て間違いですよ。
調査で、「正しい敬語だ」と答えた方が多かったランキングだそうです。

お恥ずかしい話、私自身は2、3、4、5実際に使っておりました…

 

★回答はコチラ↓

1. ご拝読いただきありがとうございます (商談で資料を示して)
→ 「ご覧いただき」、「お読みいただき」

2. ○○は本日休みをいただいております (社外からの電話に)
→ 「休みをとっております」

3. ○○様でございますね (来客に)
→ 「いらっしゃいますね」

4. コーヒーと紅茶どちらにいたしますか (来客に)
→ 「どちらになさいますか」

5. お子様に差し上げて下さい (目上の人に贈り物を託して)
→  「差し上げます」、「お渡しいただけますか」

6. お求めやすい (接客の場で)
→ 「お求めになりやすい」

7. ご注意して下さい (接客・公共の場で)
→  「ご注意ください」

8. おわかりいただけたでしょうか (商談で)
→ 「ご理解いただけたでしょうか」

9. ご助言参考になりました (上司に対して)
→ 「勉強になりました」

10. 上司にも申し上げておきます
→ 「伝えておきます」、「申し伝えておきます」

 

いかがですか。

今回の言葉遣いもやはり、基本をしっかりと理解して普段から心掛けることが大切ですね!

【ビジネスの基本に近道なし】まずは、しっかりと基礎から学んでいきましょう★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る