こんなハズじゃなかった・・・。知らないうちにやってたNGビジネスマナー Part.1

NGビジネスマナー

世間一般に言うビジネスマナーって、実は氷山の一角でしかないってご存知でしたか?

実際には、仕事をやっていくうちに遭遇するさまざまな場面でビジネスマナーが存在するんです。

 

今回は、知らずにやっていたNGビジネスマナーやちょっと変わってるかもしれないけど、知っておいたほうがいいかもしれないビジネスマナーをご紹介します。

 

【NGビジネスマナー】

  • 相手と目線をあわせない

ビジネスは人と人とのコミュニケーションが一番重要です。

恥ずかしい、人見知りということもあるかと思いますが、やっぱり話し相手の気持ちを理解するためにも、少しで目を見て話すようにしたほうがいいですね。

どうしても無理っていう方、わかります。

でも、相手の目の少し上や、目と鼻の中間辺りを見るようにしてみることからはじめると、意外とすんなりできるようになりますので、ぜひお試しください。

 

  • ペンをクルクル

よくやりますよね。コレ。

でも、会議とかしてるときにコレをやってる人を見かけると、話す気がなくなってくるんですね。

話をしている人の立場を考えても、コレは辞めたほうがいいですね。

(神技テクニックをお持ちの方は、コミュニケーションに利用できるかもしれませんが・・・)

 

  • 目を細めてしまう

視力が悪い方にありがちですが、見えないから細めているんでしょうが、

相手には睨まれているとしか感じられません・・・。やめておきましょう。

 

  • オーバーすぎるリアクション

いますよね。こういう人。

特に場数が少ない新卒には多いんじゃないでしょうか!?

上司に教えてもらったのか、自ら磨いたテクニックなのか何なのかわかりませんけど、正直迷惑です。

少なくとも、気持ちがこもっていなければただのオーバーアクションは相手には見透かされています。

 

  • 足を組む

どうしても癖で組んでしまうのはわかります!!

ある程度関係が築けている場であれば、大丈夫かもしれません。

ただ、一人でも新しく参加する人がいる会議などでは、ただの傲慢にしか見えないように思います。

完全にNGではないのでしょうが、無意識にやってしまうのはNGですね。

 

本シリーズは今後もどんどんご紹介していきますので、学生の方はもちろん、今働いている方もぜひご覧ください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る