【第11回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!~リゾートトレイン リゾートビューふるさとでプチ旅行~

1470_main

ご無沙汰しておりますMARICO改めマリコです。
体調不良から抜け出せず、1ヶ月以上更新できず・・・。
春が来て、やっとココロもカラダも上向きになりました!
さて、気を取り直して・・・

 

鉄道旅をしませんか?

今回は全国各地で数多く活躍しているジョイフルトレインのひとつ、
リゾートビューふるさとでのプチ旅行をご紹介します。

まずジョイフルトレインとは。
ざっくりご説明しますと、行楽・観光に特化した列車・イベント列車のことです。
普通の列車と比較すると、列車の車体自体に様々な工夫が施されているものが多いです。
今回私が乗車したのは「リゾートビューふるさと」。
長野県の長野~(篠ノ井線)~松本~(大糸線)~南小谷間を、週末や春・夏・冬など長期休みを中心に1日1往復しています。主な停車駅は松本・穂高・信濃大町・白馬など。

リゾートトレイン リゾートビューふるさと
私は1月の上旬に乗車しました。
列車の印象は・・・
まず窓が大きい!!。窓枠に邪魔されることなく景色を堪能することができます。
そして広い!シートピッチが120センチ!これはN700系新幹線のぞみのシートピッチ約104センチと比較するとその広さがよくわかると思います。
そしてそして快適!!運転席の後ろには展望席が設けられていたり、共有スペースに誰でも座れるソファーのような座席もあったり、車内全体がくつろげるようになっています。
その他特徴としては、車内で地元の方々による方言での民話の語りや尺八・太鼓の演奏など車内イベントが開催されるとのこと!(私は途中下車してしまい参加することができませんでした。残念!)

ゆったりとシートに身を委ね、日本三大車窓にも数えられる姨捨からの善光寺平の眺め、北アルプスの山々など額縁にはめられた絵画かのような風景を堪能。うーん癒される♪

1470_02

私は穂高駅で途中下車。もともと穂高駅は近くにある穂高神社の参拝が出来るよう停車時間が長く設定されています。穂高神社の巫女さんがお迎えに来てくれるサービスもあり!
穂高神社での初詣を済ませた私はその後は松本へ戻り、松本観光を楽しみました♪

私のように途中下車するのもアリですが、信濃大町駅で下車して黒部ダムを楽しむツアーや、白馬や南小谷のホテルで入浴や昼食を楽しむツーなど、リゾートビューふるさと用に多彩なツアーが用意されています!
各ツアーについてはこちら列車をとことん楽しみたい方は、南小谷から糸魚川へ大糸線完全踏破の旅もオススメ。様々な楽しみ方ができる列車です。

1470_04

追記。
長野~松本間にある姨捨駅スイッチバック式とってもめずらしい駅です!
姨捨駅が近づくと、なんと運転士さんが・・・!?
この様子はぜひ展望席に乗ってご覧くださいませ。
姨捨駅は停車時間が長く設定されていますので、リゾートアテンダントの方が三大車窓をバックに写真を撮ってくださいますよ。

 

 

 

次回【第12回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!
~にゃんまげに会いに行こう!江戸ワンダーランドへ~

☆★マリコの鉄道コラム連載中☆★
鉄道博物館や寝台列車「カシオペア」のコラムはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る