【第9回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!~寝台列車「カシオペア」乗車!その4~車内での楽しみ方その1~

寝台列車「カシオペア」車内での楽しみ方

鉄道旅をしませんか?

今回はカシオペア車内での楽しみ方についてご紹介します。

上野から札幌までの乗車時間は約19時間。
19時間と聞くとそこに睡眠時間が含まれるとはいえ、やっぱり長いですよね。
でもカシオペアならではの楽しみ方がありますので、ご紹介したいと思います。

①とりあえずシャワーを浴びてみる!

第6回でも取り上げましたが、シャワーは事前予約制です。まずは予約を忘れずにしておきましょう。
シャワーは車内に2ヶ所あります。30分間貸切。きちんと温かいお湯が出ます。
シャワーは6分間使用でき、途中で止めておくことも可能です。長い髪の女性でも問題なく洗髪が出来ますよ。

ただし、シャワー室はかなり狭いです。脱衣スペースも狭く、夏場の使用だとかえって汗をかく結果になりかねません(笑)
それから脱衣スペースに「シャワールーム洗浄ボタン」というものがあります。使用後次の方が気持ちよく使えるようシャワールームを自動洗浄してくれるボタンですが、くれぐれもすべてが終わってシャワールームを出るときに押すようにしましょう。脱衣スペース内にいるときに押すと大変な目に遭います・・・。

あまり快適そうじゃない・・・と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、何事も経験が大事!とりあえずさっと使って、部屋に戻ってからお肌や髪のケアをすることをオススメします!

②部屋でくつろぐ!

カシオペアツインでは最初座席はソファ状態になっていますが、簡単にベッドにすることが出来ます。食事等が済んだら、早めにベッドにしてゴロゴロくつろぐのもいいですね。各部屋テレビがありますし(場所によっては映らないところもあります)。読もうと思って読めずにいる本を読むのもいいですね。アルコールを楽しむのもよし。自分の部屋のように過ごせますよ。

ただし、運行は夕方のラッシュ時と重なります。あられもない姿で寝転がってて、ついうとうとしていると、駅に着いたときに通勤ラッシュ客の視線を浴びることになりますので要注意!上野発の場合だと仙台を過ぎるまではカーテンを閉めるのを忘れずに!

③車窓の風景を楽しむ!寝台列車「カシオペア」車内での楽しみ方

部屋の大きな窓から見る景色も最高です。夜は外が真っ暗なので部屋の電気を消すと、寝たまま星空を眺めることも出来ます。朝は日の出前のラベンダー色に染まった津軽海峡や下北半島、駒ヶ岳の雄姿、大沼の自然、白老付近の牧場など、北海道ならではの風景が楽しめますよ。

続きは次回ご紹介します。

  

次回は
【第10回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!
~寝台列車「カシオペア」乗車!最終回~車内での楽しみ方その2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る