【第7回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!  ~寝台列車「カシオペア」乗車!その2~列車内で~

カシオペア列車内

鉄道旅に出かけませんか?
今回はカシオペアのお部屋についてご紹介します。

カシオペアは全室個室。個室には3つのグレードがあります。

1番人気はカシオペアスイート。7部屋ありますが、中でも札幌に向かうカシオペアの最後尾に位置する展望窓付きスイートは、超!超!プラチナチケットでなかなか予約が取れないことで有名です。ソファーに座ったまま大きな展望窓から流れ行く車窓の風景を楽しむことができるなんて・・・私もいつか乗ってみたいと夢見ていました(まだ夢は捨てていません!)。

他、カシオペアデラックス。1室。
そしてカシオペアツイン

私はカシオペアツインでした。カシオペア列車内
カシオペアツインの多くは1階と2階にありますが、私の部屋は各車両両隅にある(車端室)2階のない1階の部屋でした。最初はせっかくなら2階がよかったな・・・と思ったのですが、天井が高く、部屋への出入りに階段を使わずに済むので結果的にはよかったです。(キャリーバッグを持っていると、狭い階段の上り下りが結構大変なのです。ちなみに車内は廊下も結構狭く、譲り合わないと行き違いできないです。)

部屋にはベッドに変身する大きな座席。そしてトイレ・洗面台があります。
正直そんなに広くはないです。でも適度な広さが自分の部屋のような居心地のよさを感じさせてくれるから不思議です。

カシオペア列車内ただ、今回お部屋で困ったことがひとつありました。それは「コンセントが洗面所にしかない!」ということ。携帯2人分、デジカメ、ビデオカメラ・・・充電したいものはたくさんあれど、居住空間にコンセントがないのです。とりあえず手持ちの延長コード(私は旅行時常にバッグに入れています!)を伸ばして充電しましたが、常にトイレのドアが半開き(苦笑)。このあたりも、今の時代に合わず廃止の理由のひとつになったのかもしれませんね。

出発後アテンダントの方が持ってきてくださるウェルカムドリンクを飲みながら、
ゆったりと車窓の風景を楽しみました。

 

次回は
【第8回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!
~寝台列車「カシオペア」乗車!その3~カシオペア車内での食事~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る