★第5回★女子旅に出よう!なるべく鉄道で!  ~寝台列車の旅~

寝台列車の旅

鉄道旅に出かけませんか?

2015年3月、日本を代表する2つの寝台列車「トワイライトエクスプレス」「北斗星」が定期運行最終日を迎えました。ニュースでも大きく取り上げられましたので、鉄道ファンでなくてもご存知の方も多いのではないでしょうか。

まだ新幹線や空路がきちんと整備されていなかった時代、夜地方(東京)を出て朝東京(地方)に着くという寝台列車は、地方からまたは地方へ向かう多くの方々に重宝されてきました。移動手段として時間を効率的に使え、到着も1番早かったからです。

しかし今はどうでしょうか。新幹線は北は青森(来春には函館まで延伸)、南は鹿児島までその路線を伸ばし、便数増加によって空路での移動も増えてきました。

寝台列車の旅

そうすると決して安くはない運賃を使って、寝心地の悪いベッドに1晩揺られて寝台列車を使うメリットがなくなります。またJRの分社化に伴う共同運行の難しさ、コスト高、車両の老朽化・・・。様々な理由から、寝台列車はついには廃止という悲しい末路を辿ることになってしまいました。

でも悲しいニュースだけではありません。より豪華に、よりゆったりとした旅を楽しみたいというニーズに合わせ、2013年にはJR九州で豪華寝台列車「ななつ星」の運行がスタートしました。ホテルのスイート並みな客室。全室バストイレ付き。豪華な食事。1番お手ごろなツアーでも1泊2日で20万円超。海外の豪華寝台列車にも全くひけをとらないすばらしい列車に乗りたい方が殺到し、抽選が行われるほどの人気だそうです。

また2017年春にはJR東日本からは「TRAIN SUITE四季島」、JR西日本からは「TWIRIGHT EXPRESS瑞風」という新たな豪華寝台列車がお目見え予定。こちらの列車の豪華さも「ななつ星」並み!きっと人気が出るでしょう。
出典元:クルーズトレイン「ななつ星in九州」TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZETRAIN SUITE 四季島

~寝台列車の旅~私個人的には、お金があればもちろん豪華寝台列車に乗ってみたいです(笑)。でも今までのような寝台列車もそれなりに味があって、よさがあって、全部なくなってしまうのは淋しいなと思っています。一期一会の出会い。車窓を眺めながらのぼーっとする時間。列車という日常的なものが日常でなくなる時間。列車が豪華でなくても、こういう楽しみは味わえるんじゃないかなと。

次回は去年初めて乗った「カシオペア」の乗車記録をお届けします。全何回になるかは未定で(笑)。私が感じたこと、体験したことを綴っていきたいと思います。

次回
【第6回】女子旅に出よう!なるべく鉄道で!
 ~寝台列車「カシオペア」乗車!その1~カシオペア入線~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る