【次のトレンドスイーツ】カヌレ・ド・ボルドーを作ってみた【女子コレ料理班vol.02】

IMG_20170214_035340_916

 

こんにちは!ゆっちです!

久々の女子コレ料理班シリーズ。今回はvol.2!٩(๑❛ʚ❛๑)۶
今話題のスイーツということで、ブームが来ると予想される(もうなってる?)
【カヌレ(カヌレ・ド・ボルドー)】を作ってみましたʅ(´-ω-`)ʃ

カヌレって名前は聞いたことあるけど…お店で見たことけど…って方も多いのでは?
バリッとした外と中のもっちりが絶妙の伝統的なフランスのお菓子です♪

DSC_1801

 

•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸

カヌレ(仏:Canelé)はフランスの洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー(cannelé de Bordeaux)
フランスのボルドー女子修道院(fr:Couvent des Annonciades)で古くから作られていた菓子。蜜蝋(みつろう)を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが特徴である。そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味である。外側は黒めの焼き色が付いており固く香ばしいが、内側はしっとりとして柔らかい食感を持つ。
ボルドーではワインの澱を取り除くため、鶏卵の卵白を使用していた。そのため大量の卵黄が余り、その利用法として考え出されたものという[1]。現在、伝統的なカヌレを保存するための同業組合も作られ、ボルドーには、600以上の製造業者がいる[2]。
コーヒーの液体を生地に混ぜたコーヒーカヌレという種類が存在する。

作り方
鍋で牛乳を沸騰させ、そこにラム酒、バター、砂糖、薄力粉、全卵、卵黄、バニラを加えたのち生地を漉して半日寝かす。カヌレ型に蜜蝋を塗り、休ませておいた生地を流し込みオーブンで焼き上げる。(蜜蝋の代わりにバターを使用してもよい。)

出典:Wikipedia カヌレ

•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸•*¨*•.¸¸

 

材料は特段凝った物が必要ではなく
✧牛乳
✧小麦粉
✧卵
✧バター
✧砂糖
があれば、だいたいOK♪
お好みでバニラビーンズ、ラム酒(リキュール)、パウダーなんかで香りや味に変化を付けられますよ(ㆁᴗㆁ✿)

カヌレの独特な形は、型が命❤(。☌ᴗ☌。)
銅やシリコンなど、材質やサイズもまちまちなので、お好みの型をさがしてくださいね♪
IMG_20170212_211001_019

 

 

材料を合わせたら、寝かせるのがカヌレの特徴!
12時間以上は冷蔵庫で冷やすと、とろみがついた生地が仕上がります♪

DSC_1454

今回のカヌレでは、バニラ・チョコ・抹茶の3種類の味を作りました♪
(*’∀’人)♥*+

しっかり寝かせたら、型にたっぷりバターをコーティング!
これでもか!ってくらい厚塗りしましょう♪
(レシピによってはこの上にさらに蜂蜜を塗ったりします☆)

200度以上(レシピやオーブンによる)の高温で60分近く焼きます♪
庫内の温度や時間で焼き色や中の層が変わる重要なポイント☆
繰り返し作って自分だけの感覚を掴みたいところですね( ᵌ ㅊ ᵌ )

オーブンの中でグツグツしているのって延々見てられますよね…(*´﹃`*)私だけ?!

 

焼けたら、型から外して冷ましましょう♪
DSC_1480

腰折れ(焼きが甘いと形が潰れる)せず、いい感じに焼きあがりました♪
٩(๛ ̆ 3 ̆)۶♥
このこげ茶の色とフォルムがオシャレ( •ॢ◡-ॢ)-♡

 

DSC_1503

 

断面も潰れることなく、きれいにできました(✿´ ꒳ ` )
外はカリッバリッと固く、中はふっくらもっちりの食感がたまりません~☆

 

最近はカヌレをメイン、専門にしたショップさんも増えてきたので、
口にできる機会も増えてきましたლ(´ڡ`ლ)

手作りだと、自分だけのレシピを考えられるのも醍醐味!
カヌレは時間もかかるお菓子ですが、流行に乗って作ってみてはいかかでしょう?

 

女子コレ料理班 vol.1
話題の【カクたこ】作ってみた♪

 

 

mi_08ライター:ゆっち
お菓子、ファッション、コスメ、ステーショナリーなどの記事を書いています。
とりあえず流行っているものをチェックしておく、ミーハータイプ。
夜中のゲームのお供を日々探しています!

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る