【知っトク♪】節分には実は深~い意味があった!

ライフスタイル節分

「鬼は外~、福は内」っと子供の頃に鬼のお面を付けた先生や父親に豆を投げつけた思い出がある【節分】。

意外と節分って何?って思っている人も多いのでは・・・今回は、知って得する節分の歴史と意味について紹介したいと思います。今年こそちゃんとした【節分】にしたいものですね(笑)

■そもそも節分って??
節分という言葉は、「季節を分ける」という意味が含まれています。
言い換えれば、「季節の変わり目」という意味になります。

実は春、夏、秋、冬どの季節にも、節分はあるのです!!でも、節分って2月3日の年に1度だけなのでしょうか・・・

 

■なぜ2月3日が節分なのか

季節の変わり目=節分 なのですが、季節の分かれ目とは、立春、立夏、立秋、立冬の事です。旧暦でいうと、123月は春にあたり、しかも1年の始まりは【春】その春の始まりが、立春です。立春の前日、2月3日が節分として、メジャーになったのです。

その「春」が始まる前日、新しい一年が始まる前日に、
「これから始まる、新しい一年が、不幸や災いが無い一年になりますように」との願いを込めて、年に一度、節分をこの時期に行うのです。

 

■豆まきの意味

なぜ、節分に豆まきをするのでしょうか?昔から穀物や果実には「邪気を払う霊力」があるとされていました。これには諸説ありますが、昔、京都に出て悪さをしていた鬼を退治する際に使ったのが豆だったとか・・・

以後、「鬼=魔」
「魔(ま)を滅(め)っする」という言葉から、
その年が無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになりました。

でも、当初は豆だけではなくお米や麦などもまいていたのだとか。
では、なんで「豆」をまくようになったかというと、収穫量が多かったことや投げやすかったからなど諸説は色々とあるようです(笑)

 

■豆まきの正式ルール
①豆まき用の福豆を升に入れて、豆まきの直前まで神棚にお供えして、神様の力を宿すようにする。
※神棚がない場合は目線より高いタンスなどの上に、白い紙にのせてお供えをする。

②節分の日の夕暮れ、つまり日が沈む時間に、窓を開けて、家の奥から外に向かって豆をまいていく。

③豆をまくのは、家の主人か年男とされている。

④掛け声は、『鬼は外、福は内』と元気良く。

⑤鬼を追い払ったら、すぐに窓を閉める。

⑥窓を閉めたら、すぐに自分の数え年の数だけ豆を食べる。

⑦豆を食べることで、鬼退治が完了したことになる。
豆まきも、なかなか奥が深いですね。

ちなみに、数え年の数だけ豆を食べると、病気にならず健康でいられると、言われています。

★豆についての豆知識★

一般的に豆まきに使う豆は炒った大豆。火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年の数だけ身体に取り入れることで次の年も健康で幸せに過ごせるよう願います。

☆生の豆は厳禁!??

これは、なぜかというと生の豆は、そこから芽が出てきます。「魔」から目が出てくるということで、大変、縁起が悪いとされています。間違っても生の豆ではなく、炒った豆にしましょうね!!

 

【おまけ】

この時期になるとコンビニ等でよく見かける【恵方巻】について

恵方巻を食べる風習はもともと関西で行われいたものです。節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになりました。

恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角のことで、その年の最もよいとされる方角。1年ごとに巡ってくるの十干(じっかん)(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)により、その方角が変わります。

ちなみに、今年の【西南西】になります。

しっかり方角を確認して、西南西を向いて無言でお願い事をしながら、巻ずしを丸かぶりしましょう!

毎年、何気なく「あっ~今日は節分だ・・・」なんて過ごしていないで、今年はしっかりと節分を楽しんではいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る