人生を豊かにする!? 朝起きれない方のための朝活のススメ

40010522_35W

最近「朝ジム」や「朝英会話」など、出社前の朝の時間を有効活用する人が増えてますね。
人生における成功者といえる社長さんや著名人の方も朝から活動する人が多く
朝の時間の使い方ひとつで年収が大きく変わるなんていう提言もされています。

筆者は朝が苦手なので朝活とは縁のない生活をしていますが
同じように朝活はしてみたいけど、朝は苦手だし。。。続かなそう。。という方向けに
早起きのコツをまとめてみました。

 
早く寝る

そりゃそうだ!とお思いでしょうが、結局はこれに尽きます。
今と同じ時間に寝て早く起きるのでは、睡眠時間が減るだけで昼の活動にも影響が出ます。
社会人なら夜の付き合いもありますし、帰宅した後は自分の時間を過ごしたいもの。
ウォーキングしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、お肌や髪のケアなど時間はいくらあっても足りません。

でもよく考えてみてください。
あなたの夜の行動は夜でなければダメなものばかりですか??

録りためたドラマを見たり、本を読んだり、ウォーキングなどなど、
身体のトレーニングや頭を使うことは朝に行うことで
返って効果的だったり、集中できたりといいことづくめなのです。

早く寝るには自然と眠くなる身体をつくることも必要です。

寝る前には軽くストレッチ
ストレッチをすることで適度に身体を疲れさせることで疲労感を与えると寝つきがよくなります。

お風呂は寝る時間の2時間前
上がった体温はゆるやかに下がってきます。この働きが眠りに入りやすい状態をいざないます。
寝る直前の入浴は体温が下がりきらず寝つきの悪い原因となります。

 
太陽の光を浴びる

朝起きたらカーテンを開けて太陽を浴びることで
体内時計をリセットする効果があると言われています。
夜寝るときにカーテンを開けておくことで、自然と朝日を浴びて起きるといった方法もおすすめです。

 
ラジオや音楽を目覚ましにする

多くの人が目覚まし時計を使って起きていると思いますが
目覚まし時計は人が不快な音になっており、それにより人を起こす効果がある反面、
その音ゆえに直ぐに切って二度寝をする方も多いことでしょう。

そうした方にはラジオや音楽を時間に鳴るようにセットしておいて
耳に優しい音で自然に起きるという方法も効果的です。

最近はリラックス効果の高いヒーリングミュージックも多く出ていますので
鳥のさえずり音で起きるというのもオシャレですよね。

 
朝のストレッチ

朝一番のストレッチで、寝てる間に固まった身体をしっかり伸ばしましょう。
血のめぐりを良くして脳への血流も多くなることで脳に行く酸素量が増えて頭が覚醒します。

朝はボーっとする、なかなか仕事モードにならない方は
まず朝の簡単な運動として始めてみてはいかがでしょう。
最初は軽いストレッチからやってみて、慣れてきたら負荷をあげていき
ついでにダイエット運動にしてしまうのもいいかもしれません。

いかがでしたか?
早起きしては何をするかはアナタ次第。
ジムや英会話などお金がかかることでなくても
有効に過ごす方法はたくさんあります。

自分なりの朝の過ごし方で、気持ちよく一日のスタートを切りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

求人サイト tenichi
ページ上部へ戻る